サイトメニュー

手続きがいる支援制度

女性 ストレスなどによってうつ病になってしまった場合は、支援制度を使って収入を得る方法があります。障害年金は安定した収入を得られる制度ですが、申請手続きで必要になる書類を用意する場合は十分な準備が必要になります。

詳しく見る

早期治療がおすすめ

お金 うつ病を発症したらすぐに治療を受けましょう。その間、仕事ができないのなら障害年金を受給する手続きを取ればいいのです。治療に集中しましょう。治療費は病院までの交通費と薬代、診療代といったことが一般的です。

詳しく見る

手続きの仕方を確認する

カウンセリング うつ病になると働けなくなってしまうことがあります。しかし、障害年金を利用できることもあるのでその点は心配いりません。手続きの仕方などを調べてみましょう。自身でできなくても周囲の身近な人に調べてもらうことはできます。

詳しく見る

精神的病でも年金受給が

男性 うつ病と言う精神的な病でも障害年金を受け取る資格があります。うつ病になって年金受給を考えた時には、医師に必要書類を記入してもらい国に申請することから始まります。その後、認定された人には受給されることになります。

詳しく見る

長期に渡り休むことも

髪を触る男性

回復が難しい病気

交通網やインターネットなどの発達から急激に社会環境が変わって行く時代になりました。昨日までやって来たことが全く無駄になり、今日から全く新しいことに望むことになるなど忙しい日々が続くようになっています。そんな時、突然仕事について行くことが出来なくなったりして気分が悶々としたことを経験したことがあるのではないでしょうか。大きな不満がなくとも、気がついた時には仕事だけでなく全てのことに対しヤル気が出ないと言ったことになってしまうと、大きな病気が待っていることになります。その病気がうつ病で非常にやっかいなものになり、治りそうで治らないと言う特徴をもつ病気でもあります。この病気は心の病気と言われることが多いのですが、実際においては体の病気とも言えることになります。人は誰も悲しいことや辛いことが落ちた時には元気がなくなりますが、うつ病でない時には1週間も2週間も続くことがありません。しかしうつ病の時には改善せずに、心の不具合が連続して続くことになり、仕事にも悪い影響が出てしまいます。重い症状になった時には、会社を長期に渡り休むことになりかねません。そんな時には収入にも影響してくると考えられますので、医師と相談の上障害年金の受給申請をすると良いと思われます。障害年金をもらうためには、医師の診断書が必要になるからです。

障害年金とは健康だった人もなんらかの理由で病気やケガなどを発症してしまい、その病気などが日本年金機構の定めている基準に該当することが条件になります。また年金の納付基準を満たしている人が障害年金を受給出来ることになっており、誰もが受給出来ることにはなりません。障害年金では、病気の状態によって障害の程度を判断しますが、その際には重いものは1級と判断され、中程度の時には2級となり一番軽い症状の時には3級となり、年金支給額に差が出ることになります。これら等級に関するガイドラインも出されており、日常生活能力の判定や日常生活能力の程度に応じて、等級の判断がされることになっています。うつ病を発症してしまいその後治療を行ったが改善されることなく重い症状が長く続くなどの時には、1級とか2級の判断が下される可能性が大きくなります。日本年金機構へ提出する書類は、医師の診断書だけではありません。診断書と同様に必要な書類には病歴・就労状況等申立書で、市町村役場の窓口でもらうことになります。但し問題になることは書類がキチンと出来ていても、診断内容が障害者とみなさない時には支給されないことになりますので、注意が必要です。多くの場合は診断書を書いてくれる医師も理解していると思われますが、うつ病と診断された初診日など基本的な間違いをしないようにすることが大事なことになります。

Copyright© 2019 病気にかかった時に年金を受給する方法を知る All Rights Reserved.