サイトメニュー

手続きの仕方を確認する

カウンセリング

活用できるものは活用しよう

うつ病になってしまうと状態によっては仕事を休むことになります。福利厚生がしっかりしている会社なら、会社側が率先していろいろと手続きをしてくれるのでとても楽です。仕事を休んでいる間もお給料が入るように手続きしてくれます。この場合、障害年金といった手続きを取るといいでしょう。ただし、うつ病患者でも状態によっては障害年金の手続きが取れないこともあります。どのような人が対象となるのか、きちんと調べた上で手続きを取ることが大切です。会社の経理や総務に相談したり、主治医に相談したりすれば手続きの仕方も分かります。もちろん、うつ病を発症している当人はそれどころではありません。自身で手続きを取ることができないような状態ということもあります。そんな時には信頼できる家族や友人、会社の人などに協力してもらいましょう。病気のことを気兼ねなく話せる人が一人でも居れば安心です。代理という形でいろいろと動いてもらえれば、手続きなどもスムーズにいきます。障害年金を受けられることになれば、その期間、収入を気にすることなく治療に没頭することができるはずです。うつ病はきちんと治療を受ければ完治できます。ダラダラと治療するのではなく、迅速に治療に取り組める環境づくりをしましょう。

うつ病になってしまうと仕事や家庭のことを考えてしまって、さらに気分が落ち込んでしまうという人も居ます。特に一家の大黒柱という人は仕事を休むことになると収入を得られません。自分だけではなく、家族も困ってしまうことでしょう。そんな人のために障害年金という制度があります。こちらを活用すればいいのです。うつ病を発症したことのない人は利用したことがないので、障害年金と言われてもよく分からないことでしょう。親身的な心療内科や精神科の主治医なら、この点についてもきちんと説明してくれます。また、しっかりしている会社なら、会社側からこのような手続きがあるといった話を持ってきてくれることもあるはずです。いずれにしても、うつ病の治療期間、収入源が気になるようならどんな手続きがあるのか調べてみましょう。インターネットを使えば情報を収集できます。手続きの仕方についても詳しく載っているサイトがあるので参考にしてみましょう。通常、病気でしばらく仕事を休む場合には有給を利用できることになっています。傷病手当金といった手続きを取ることもできるので、まずは経理や総務などに相談することが大切です。もちろん口だけでは信用してもらえないので、主治医からの診断書が必要になります。

Copyright© 2019 病気にかかった時に年金を受給する方法を知る All Rights Reserved.