サイトメニュー

精神的病でも年金受給が

男性

年金を利用しましょう

高齢化社会になり年金だけでは生活が出来ないと言う話が大きくなりましたが、年金はなにも高齢者だけが受給できるものではありません。体の不調を訴える人にも、年金をもらえる権利は日本にはあると知っておきましょう。それが障害者年金と言われるもので、障害とされる状態が国が認めることで、年金を受給できることになっています。この年金には障害等級があり、1級と2級には国民年金法施行令別表、3級には厚生年金保険法施行令別表で定められています。またこの他にも、国民年金・厚生年金保険 障害認定基準があり、これら法令や障害認定基準の理解が必要になり内容の確認から障害年金の支給をされると良いと思われます。障害認定基準には身体の不自由はもちろんですが、精神的な病にも基準が用意されています。そのことから、うつ病にかかっている人もこの障害年金の受給資格を有することになり、申請をすることで資格が満たされていることが確認されることで受理されることになります。うつ病だからいつかは治ると考えて申請しない人もいるようですが、仕事の出来ない期間などを考えると申請をして受給することの方がベストの方法と思われます。そのことが安定した暮らしへの一歩と考えて良いのではないでしょうか。

うつ病にかかってしまい長期に渡り仕事が出来なくなってしまう状況になると、家庭生活にも大きな影響があります。まして家庭の大黒柱である人がうつ病にかかり、長期休暇ともなってしまった時には収入が大きく減ってしまう可能性があるからです。そんな時少しでも役に立つのが、障害年金です。年金保険料をキチンと払っている人であれば、年齢に関係なく支給されることになります。ここで言われる原則は納付要件を満たす必要があり、加入期間の3分の2以上を納めている人に限られるとなっています。また病院へ行った初診日と言うことも問題になることがあり、病院への初診日が65歳未満である必要が出て来ます。つまり65歳を超えての初診ならば、この年金は受け取る資格がないと言うことになります。うつ病で障害年金受給するためには、初診日が大事な要素になる訳です。手続方法として、初診の医療機関から受診状況等説明書を書いてもらうことになります。医師から診断書を書いてもらうことになりますが、多くの医療機関では書類提出経験があると思われ、心良く引き受けてくれることになるでしょう。この診断書提出で重要なことは、日常生活力の判定と日常生活能力の程度が大事な査定項目になります。そのため医師の前で、普段より元気な姿をみせるなどの行動はせずに、ありのままの姿を見てもらうようにしましょう。

Copyright© 2019 病気にかかった時に年金を受給する方法を知る All Rights Reserved.